私が脱毛をしようと決意したとき、ミュゼを選んだのはすでにミュゼに通っていた職場の先輩からいろいろと話を聞いて、これなら大丈夫そう!と思えたからでした。

 

具体的に私が脱毛を始める前、不安に思っていたことは3つあって、まず1つ目は痛みのこと。
私はとにかく痛いことが苦手で、特に私が脱毛したいと思っていたワキなど普段あまり雨風にさらされない(笑)ようなところの肌なんて少しの刺激にも敏感に決まっている...!と、不安で不安でたまりませんでした。

 

先輩からは痛みに関しては個人差があるから「絶対」とは言えないけど...と前置きはあったものの、決して歯を食いしばって耐えなければならないほどの痛みではないし、慣れてくればほとんど何も感じないくらい、と聞きました。

 

その後、本当かしらと疑心暗鬼になりながらも、もう多少痛くても構わないと思えるくらい自分の毛深さのほうに耐えられなくなり、意を決してミュゼでの初お手入れの日を迎えたのです。

 

結果、痛みの程はというと、自分がなぜあんなに恐れていたのかわからないくらいあっさりとしたものでした。
痛いというよりは、肌の内側で小さなカプセルがささやかにプチンと弾けているような、これまでに感じたことのない独特の感覚です。

 

身体の内側から表面に向かって輪ゴムを軽くはじいたら、ああいう感触になるのかしらと思う程度の痛みでした。
私は初回からヒザ下・ヒジ下・ワキの3箇所のお手入れをお願いしたのですが、その中で強いて言うならば1番痛かったのがワキ、1番痛くなかったのがヒジ下でした。

 

特にヒジ下とヒザ下に関しては、裏側の毛の薄い部分は光を当てられていてもまったく何も感じませんでした。

 

スタッフのお姉さんにそう言うと、やはり毛の濃さと痛みはある程度関係があるようで、毛の濃いところほど痛みを強く感じる可能性が高いとのことでした。

 

また、ヒザ下の表側で肌表面から骨までの距離が近いところでは、骨に響くような痛みを感じる人もいるとのことで、「これより先は骨が近い場所になりますので、痛みがあったらおっしゃってくださいね〜」と優しく声をかけてくださいました。

 

このお姉さんの声かけは本当に丁寧で、お手入れ中はマシンから強い光が出るため、タオルとゴーグルを目に装着しているのですが、そうすると視界は真っ暗になってしまいます。

 

完全に目隠しされた状態となるため初回のお手入れのときには若干戸惑いを覚えた私ですが、実際にお手入れが始まると「それでは左足のほうからジェルを乗せていきますね〜」「右足を少し持ち上げますね〜」と、ほんの少しの変化でも逐一声をかけてから実際の動きに入ってくださるので、不安は何もありませんでした。

 

視界がふさがれていても今何が行われているかわからない、ということはまったくないので、安心してお手入れをお任せできます。

 

そしてこれが私の脱毛前に不安に思っていたことの2つ目とも関係するのですが、脱毛サロンのスタッフの方ってみなさんとても美意識が高くてキレイな方ばかりという印象だったので、こんなコンプレックスまみれの私が行っても余計に恥ずかしい気持ちが強まるだけではないのか...という、じめじめとした考えを持っていました。

 

しかし実際はそんな自分が別の意味で恥ずかしくなるくらい、これまでお手入れを担当してくださったスタッフの方全員、とてもフレンドリーに親身に私の話を聞いてくださりました。お手入れ中リラックスできるようにか他愛のないドラマの話や好きな音楽の話などで和ませてくれました。

 

中にはお互いの今付き合っている彼氏の話で大盛り上がりしてしまったときもあったりで、担当の方はお手入れの度に毎回違う方になるので毎回初対面なのですが、初対面とは思えなくらい話が弾んで楽しいひとときを過ごせたこともあります。

 

お手入れ中は、毛深いことがコンプレックスな私にとっては普段絶対に人目にさらしたくない場所を、当然ですがあけっぴろげに開放することになるので、抵抗があることを自分でも多少身構えていたのですが、実際には親しみやすいスタッフの方のおかげで万歳の姿勢をとったりすることもまったく抵抗はなく、恥ずかしいという感覚にならなかったことに自分でも驚いたほどでした。

 

よく、みなさんが心配されるスタッフの方による強引な勧誘というのもミュゼではまったくありません。

 

初回はお手入れ前に1時間程度のカウンセリングがありますが、その際に実際のお手入れ箇所を決めるときにも、本当に私に必要な箇所を一緒に考えてくださるような姿勢で、私の望まない箇所を無理にすすめることは一切ありませんでした。

 

これは通い始める前に先輩に聞いたメリットでもあったのですが、ミュゼはほかの大手サロンと異なり脱毛専用のサロンなので、脱毛で通い始めたのにいつの間にかエステのほうの会員にもならされていた、ということなどはそもそも発生しようがありません。

 

そういう意味でもとても安心して通えるサロンだなあと思います。

 

最後に私が脱毛前に不安に思っていたことの3つ目は、お金のことでした。

 

脱毛は最初にキャンペーンなどの安い値段につられて始めても、結局継続して通うにはとんでもない額のお金がかかるというイメージがあって、学生の頃から憧れてはいたものの手を出せなかった理由のひとつでした。ミュゼ 口コミ

 

いざ社会人になって多少お金の余裕も出てきたのでまた脱毛のことを考え始めたとき、先輩はワキの脱毛だけでもう2年ほど通っているけれど、最初に支払ったキャンペーン価格の数百円のほかは1円も払っていないとのことで、とても衝撃だったことを今でもよく覚えています。

 

私が通い始めたときも両ワキ+Vライン脱毛完了まで何度通っても600円というキャンペーンが開催されていて、本当なんだと感激しました。ただ、私はワキだけではなくヒジ下・ヒザ下も一緒に脱毛したかったので、結局フリーセレクトプランという別のコースで契約をしました。
フリーセレクトプランを選べば両ワキとVラインの脱毛は0円でついてくる上に、ミュゼではヒジ下・ヒザ下にはヒジ・ヒザそのものも含まれているため本当にお得です。

 

大体1箇所の脱毛完了までは18回ほど通う必要があるという話を初回カウンセリング時に受けたので、私はヒジ下・ヒザ下完了分の36回分で契約をしています。

 

こちらはさすがに数百円というわけにはいかず15万円ほどかかりましたが、途中で脱毛をやめたくなった場合には残りの回数分をきちんと計算して返金してもらえるという話も契約時にしっかりとご説明いただいたので、支払いに不安はありませんでした。

 

また、フリーセレクトプランという名前の通り、そのときの気分次第でお手入れ箇所を自由に選ぶことができるので、あとから新しく脱毛したい箇所が増えても契約を変更する必要のない点がとても便利です。

 

私はちょうど次回から手の指も追加しようと思っているところで、手の指など他のパーツに比べて面積の狭いところは半分の0.5回分としてカウントしてもらえるところも良心的だなあと思います。

 

私は現在ミュゼに通い始めてから1年弱で、お手入れを受けたのは4回ですが、元々毛が太くて濃かったせいか早速結構な効果を体感できています。

 

特にサロンでのお手入れから2週間後くらいには、毛がまったく伸びてこなくなる期間が毎回一定期間あって、その時期の自己処理をお休みできるだけでも本当に楽です。

 

通い始める前まではほぼ毎日カミソリでの自己処理だったので、知らず知らずの間に肌に負担をかけていたのかもしれませんが、現在は通常時の自己処理の期間も2日に1回などで済むので心なしか肌が以前よりもやわらかくなったような気がします。

 

そしてどれだけ丁寧に自己処理しても黒いブツブツが残ってしまっていた私のワキが、ついこの間彼氏から「あれ?ワキつるつるだね!」と言われるまでにキレイになってきたのです!

 

これには本当に感激で、ようやく普通の人か少し毛の細い人レベルになれたに過ぎないのかもしれませんが、私にとっては大きな第一歩!これからまた1年さらにもう1年と通う度に毛がなくなっていくのかなと思うと、未来の自分の姿が楽しみで仕方ありません。